ゼロウェイスト ー アートなエコ。

ゼロウェイスト、ミニマリズム、オーガニック。環境にやさしく、お金をかけず、自分にやさしく。

持たないもの。#服飾編

わたしは、自分はこれは全然持たないのだと決めているものがあってもいいと思います。

そしてそれぞれ、ほかのひとにはえーーーーといわれるようであっても、一応理由があるものだと思うのです。

 

私の場合は、以下。

ジーンズ:動きづらいのと、座る仕事にはしめつけが。。。

ヒール:思いっきり走れない。足くじきたくない。

アクセサリー:夏は暑くてつけないのと冬はセーターにひっかかるので。

ハンドバッグ:両手が使えるほうがいいので(⇔ショルダーかリュック)

ネイル:匂い苦手。あと爪はいつもカットされていないと落ち着かない。

パンスト:着心地が苦手。あと素足=失礼という方程式が、他人の家にあがる時以外はあまり理解できないから。

オフショルダー:寒い。。

サンダル:冷える。

 

これも見た目の主義というよりは実際に使い心地が苦手なものばかり。

 

皆さんも意外とこういうものあると思うんです。

 

女性向けの情報には(世の中一般か)よく新しいことにもチャレンジ(服飾面)しよう的な雰囲気をかもし出すものもありますが、やっぱり使って実際どうかというところには勝てないものです。

 

それに生活することが精一杯なので、その尺度をこえたものは採用されなくなります。

 

その精一杯の生活自体が便利になる服飾面の機能は、淘汰されて残っていくというシンプルなしくみなわけです。

だからワイドパンツは残ったし、レギンスも残っています。

血流は止まらないほうがいいし、寒くないほうがいいからです。

 

そしてそれでいいのだと思います。

 

ライフスタイル自体を商売にする人と同じにするよりかは、便利そうなものを随時取り入れていくスタンスでゼロウェイストもミニマリズムもオーガニックもつづけていきたいものです。